INTERVIEW

FUJITA RIRI

インタビュー

2010年 入社
グッドタイム リビング 亀戸 
ケアアテンダント 主任
藤田 梨里

感動の介護が、そこにはあった。

大学時代、福祉の勉強をするためにハワイのとある高齢者施設を訪れたのですが、それはもう驚きの連続でした。ご入居者が好きなだけケーキを食べたり、アクセサリーをいっぱい身につけておめかししたり。施設での暮らしを心から楽しんでいるのです。本当に感動しました。当社の合同説明会に参加したのは、まさにこの高齢者施設をモデルにしていると聞いたからです。詳しく話を聞くと、住空間もアクティビティも従来の高齢者施設のイメージとは異なり、明るくて楽しそうでアメリカのそれに近い印象でした。この会社なら私が感動したような高齢者福祉を日本でも実現できるのではないか。そう直感し気持ちは固まりました。その場で名前を伝え、人事担当者にこう告げました。「御社に絶対入るので、覚えていてください!」と。

楽しくなきゃ、いい介護はできない。

入社から9年。主任になった今も心がけているのは「楽しい」を大切にする事です。やるか、やらないかで迷ったら基本的にやります。そのほうがゲストも私も同僚も、みんな楽しいだろうと思うから。「ディズニーランドに行ってみたい」とゲストがつぶやいていたら、たとえ寝たきりの要介護5の方でもポジティブに考える。「じゃあ行ってみようか!」と、そして実行に移します。ゲストとの日々の会話も私にとっては大きな楽しみ。だから忙しさに流されないよう「今日はゲストと、とことんふれあう日」と決めて、目いっぱい話しかけます。後輩にも楽しんでほしいから輝ける舞台をどんどん用意します。声楽科出身の後輩にはゲストハウスでのコンサートでリードボーカルをお願いする。飲食業界経験者の後輩には月1回のラウンジバーでバーテンダー役を務めてもらう。ゲストにもスタッフにも毎日を心から楽しんでほしいと願っています。

WORKABLE
ENVIRONMENT
働きやすい環境

グッドタイム リビングで働く人

よろこびのある暮らしをつくる人たち。
ゲストハウスで働くスタッフの
エピソードを聞きました。

  • 自ら手を挙げることで積み重なった経験。「さまざまな視点でゲストを理解できること」が、彼女の武器。

    自ら手を挙げることで積み重なった経験。「さまざまな視点でゲストを理解できること」が、彼女の武器。

  • 結婚・出産・育児を経て、家庭と仕事を両立させる。ライフステージに合わせた働き方ができることはあたり前に。

    結婚・出産・育児を経て、家庭と仕事を両立させる。ライフステージに合わせた働き方ができることはあたり前に。

  • 歌うことを通して、ゲストと一緒に楽しみ、ともに喜びたい。

    歌うことを通して、ゲストと一緒に楽しみ、ともに喜びたい。

WORKABLE
ENVIRONMENT
働きやすい環境

パンフレット
ダウンロード
エントリー募集要項

各種イベントにご参加希望の方は
いずれかのページから
エントリーをお願いします!

2022年卒業予定者の方

2023年以降卒業予定者の方